消費税と使用税

 

一般の税率

製造機械の税率

モンゴメリー市

3.5%

1.750%

モンゴメリー郡

2.5%*

0.333%**

アラバマ州

4.0%

1.500%

合計

10.0%

3.583%

*1.0%は教育予算向けとして割り当て
**0.133%は教育予算向けとして割り当て

条件を満たすプロジェクトは、建設に関する建設作業およびプロジェクト設備に付随する消費税と使用税の中で、教育関連税以外の部分が減税の対象になります。減税決定は、プロジェクトサービス開始前に認められなければなりません。
法的、雇用創出および設備投資の適用条件

固定資産税

モンゴメリーの免除対象外の商業および工業施設は分類され、公正かつ平等な市場査定額の20%に、固定資産税が課税されます。

査定額 $100当りの課税額:

モンゴメリー市

$1.25

モンゴメリー郡

$1.75*

アラバマ州

$0.65**

合計

$3.65

*$1.00は教育予算向けとして割り当て
**$.30は教育予算向けとして割り当て

条件を満たすプロジェクトは固定資産税のうち、教育関連税以外の部分が最高10年間、減税の対象になります。

アラバマ州では、販売目的の商品の在庫には固定資産税が課税されません。リースやレンタル目的で使用される在庫は、固定資産税の課税対象となります。

大気や排水の汚染を制御、軽減したり除去することを主目的に建設または購入された装置、設備および材料は、全て固定資産税が免除されます。
法的、雇用創出および設備投資の適用条件

事業特権税

事業特権税はアラバマ州でビジネスを行うための権利として、法人や有限責任会社(みなし事業体を含む)が毎年支払う税です。課税ベースは企業の純価値のうち、アラバマ州に配分された額を使います。アラバマ州に新たに設立された企業に対しては、課税は法人を組織した日、登録条件を満たし日、あるいは、事業を開始した日から開始され、それから30日以内に支払う義務があります。既存の企業の場合には毎年1月1日に課税が計上され、3月15日までに支払う義務があります。

事業特権税率

事業特権税の税率は、企業の連邦課税対象収入額のうち、アラバマ州に配分された額に対して課税され、累進税率になっています。税率はアラバマ州の純資産1000ドル当たり$0.25から$1.75です。最低税額は$100です。

事業特権税限度額

多くの企業では事業特権税の最大金額は$15000です。例外は金融機関、金融機関グループ、および保険会社の場合で、これら企業の特権税の最大金額は300万ドルです。

事業特権税控除

汚染防止装置
航空会社ハブ基地運営用装置
revenue.alabama.gov/taxincentives/buspriv.cfm

事業特権税エンタープライズゾーンクレジットまたは免除

revenue.alabama.gov/taxincentives/buspriv.cfm

法人税

法人は、州内で行われたビジネスから派生した純課税対象所得に基づいて、アラバマ州の法人所得税を支払います。アラバマ州の課税対象所得として配分計算される純利益の額は、総純利益に固定資産、給与、および二重加重された売上高の4つの要素を適用して計算されます。法人所得税率は6.5%です。(個人所得税は5%の税率で課税されます。)年間税額が$500を超えると予想される法人は、四半期ごとに申請し、推定税を前納しなければなりません。

アラバマ州法人納税者には、法で定められたいくつかのクレジットと控除があります。納税企業は要件が満たされていれば、法で定められた税クレジットのいずれかまたはすべてを利用することができます。

法人税投資クレジット

投資クレジットは、条件に合ったプロジェクトの投資コストの5%までを20年間控除できるクレジットです。このクレジットは、プロジェクトの収入によって発生したアラバマ州所得税額、または金融機関物品税と毎年相殺できます。このクレジットは例外プロジェクトを除いて、翌年以降に繰り越すことはできません。また、このクレジットは、過去の税額に適用して税金の返金申請に使うこともできません。クレジットはプロジェクトによって発生した収入に従い、S法人、パートナーシップ、有限責任会社などの「パス・スルー」エンティティを通過することを許可しています。
法的、雇用創出および設備投資の適用条件

2011年完全雇用法

2012年1月1日以降の課税年度では、2011年1月1日の時点で50人以下の従業員を雇っている雇用主は、条件に合う雇用一人分を創出するたびに$1000の所得税税額控除、または、金融機関物品税控除を受ける資格があります。新しく創出された雇用は従業員数の純増に繋がり、雇われた従業員は時間当たり$10以上支払われていなければなりません。税額控除のクレジットは、雇われた従業員が連続雇用12ヵ月を達した課税年度に利用することが可能です。

退役軍人雇用所得税クレジット

雇用主は、最近軍基地配備され、その後失業した退役軍人を雇用した場合、その退役軍人雇用一人分を創出するたびに$1000の所得税控除、または、金融機関物品税控除(州税部分)を受ける資格があります。この法律はまた、最近軍基地配備され、その後失業した退役軍人が新しい事業を起業する場合で50%以上の所有権を持っている場合には、起業経費の$2000までを税額控除として適用することも許可しています。

エンタープライズゾーン クレジット/免除

条件に適するモンゴメリーのエンタープライズゾーン内参加企業は、所得税に適用できるエンタープライズゾーンクレジット(セクション5)または免除(セクション11)が利用可能です。このプログラムは、アラバマ州経済およびコミュニティ・アフェア省(ADECA)が運用管理しています。ADECAはプロジェクトがプログラムの要件を満たすかを決定し、アラバマ州歳入省にそれを証明する必要があります。

エンタープライズゾーンクレジット

セクション5クレジットでは、新正社員一人当たり最大$2500のクレジットが許され、条件を満たせば、その法人の法人所得税または事業特権税の支払い額と相殺することができます。クレジットは獲得した年度に使用するか、または獲得した年度から連続2年間先述べすることができます。

エンタープライズゾーン免除

セクション11適用は、エンタープライズゾーン諮問評議会とアラバマ知事による承認を得る必要があります。セクション11は、不況地域における従業員雇用条件を満たせば、エンタープライズゾーン内で(エンタープライズゾーンで使用する建築関連資材、機械および設備の購入に伴う)消費税および使用税、法人所得税、そして/または、事業特権税の免除を、5年間与えます。企業はエンタープライズゾーン内の法人所得税、事業特権税、または消費税・使用税のどれかひとつを100%免除され、残りの2つの税は50%免除されます。
適用条件

アラバマ新市場税クレジット

条件に合ったアラバマ州内の、特に中心業務地区などの低所得や貧困地域で事業するビジネスを経済的に支援するコミュニティ開発事業体に投資する法人には、州法人所得税、金融機関物品税、保険掛け金税に対する税額控除が適用されます。このクレジットは連邦新市場税クレジット(I.R.C.§45D)の規定に、多くの点で類似します。商務省が特定の課税年度に全申請者に与えることができる税クレジットの総額は2000万ドルに上限が決められており、特定のプロジェクトの税クレジットの上限は1000万ドルに決められています。

外国貿易区

外国貿易区(FTZ)は特別に指定された地域で、米国への通関(入国)の港湾またはその隣接する場所にあり、米国の関税対象地域外とみなされる地帯です。モンゴメリー地域商工会議所は、モンゴメリー市内に汎用ゾーン#222を運営しています。ゾーンは、市内の4ヵ所で合計5525エーカーの外国貿易区をカバーしています。

ゾーン内では任意の数の企業が活動できます。法律によって禁止されていない活動の目的に限り、外国製品と国内製品はこのゾーンに受け入れられます。ゾーン内では商品は保存、展示、組み立て、加工、破壊されたりすることができます。または、ゾーンから離れるときに関税や物品税を払えば、商品を米国関税課税地域へ出荷することも可能です。

FTZのメリット:

  • 再輸出する際に関税免除

  • 逆関税からの救済

  • 廃棄物やスクラップは関税免除

  • 受け取り拒否された部品や、欠陥部品は無関税

  • 関税支払い延期

  • 国内のコンテンツや付加価値には無関税

  • 地方従価税からの救済

  • 米軍や米航空宇宙局(NASA)への販売には無関税

工場歳入担保債(IRB)

長期融資の目的として、以下に記述されているプロジェクトの経費の100%までを工場歳入担保債を発行してまかなうことができます:

  • 土地、建物、サイトの取得や準備と改良

  • 建物の建設

  • 内装品、据付品、設備の購入や設置

  • 設備投資として計上可能なソフト経費 (例:建築設計やエンジニアリング、建設中に発生した利子、社債発行に関連したコスト、など)

一般的に、非課税のIRBの金利はプライムレートの70-85%で、一社債発行限度は1000万ドル、法人一社あたり発行限度4000万ドルに限られています。課税対象のIRBは、通常の融資と同程度の金利で、発行額には限度がありません。どちらも債券の償還期間は通常10~20年で、プロジェクト経費の100%までを融資することができます。債券の元本および利息は、施設をユーザー企業にリースや売却したときの資金からのみ支払われていきます。
多くの場合は、リースを受けていた企業やユーザ企業は社債を完済したときに僅かな金額を追加で支払うことによって、工場や施設の所有権を取得します。

アラバマ工場アクセス道路および橋建設プログラム

工場アクセス道路および橋建設プログラムは、新規工場建設または既存の工場の拡張時に工場へのアクセス道路や橋を建設する際の資金的支援を行います。このプログラムは、工場建設プロジェクトに関連して公共通行権のある土地に道路、橋などの建設をすることを許可します。工場アクセス援助金で建築される道路工事は、工事前にアラバマ州運輸省に承認されなければなりません。

工業開発援助プログラム (サイト準備)

州工業開発機関(SIDA)は、それぞれが所有またはリースするプロジェクト・サイトの土地改良のための経費を支払う郡、市、地域の産業開発委員会や機関、経済開発協議会や機関、空港管理機関、港湾管理機関、または公共の企業や特定の州団体への助成金を捻出するために、債権を発行しています。助成金は、次の目的で使用できます:

  • サイトにアクセスする手段を作るための土地改良

  • サイトに適切な排水機能を整備するための土地改良

  • 測量、清掃および掘削

  • 建物や他の構造物のリーズナブルな改築

  • その他、必要かつ適切と考えられるサイト準備コスト

助成金の額は、設備投資の額に依存します:

資本投資額

資本投資額の%

$200,000未満

5.0%

$200,000から$499,999まで

3.5% (最少$10,000)

$500,000から$999,999まで

2.5% (最少$20,000)

$1,000,000から$1,999,999まで

1.5% (最少$28,000)

$2,000,000から$9,999,999まで

1.0% (最少$32,000)

$10,000,000以上

0.75% (最少$100,000; 最大限度$150,000)

適用条件

AIDT

AIDTの総労働力供給システムは、1971年よりアラバマ州の工場に何千人もの意欲ある熟練従業員を提供しています。AIDTは雇用前の包括的なスクリーニングと訓練、リーダーシップ(幹部)教育、実地訓練(OJT)、継続的/プロセス改善の評価、保守評価、そして、工場安全性評価と訓練、を提供しています。これらはそれぞれの企業のニーズに個別に合わせて提供可能です。
企業に無償で提供されるサービス:

  • 雇用前の面接と訓練

  • 幹部教育

  • 工場の安全性評価

  • 工場メンテナンス技術者の評価プログラム

  • プロセス改善評価

  • Aidt EX+RA

AIDTの詳細情報

労働力投資法

民間企業が質の高い労働者を追加で必要とするとき、地域の労働力投資法(WIA)プログラムが企業を援助できます。

WIAは連邦プログラムで、雇用主と求職者のニーズを満たし、キャリアを伸ばしたい人のために設立されており、労働力の準備と雇用システムのためにユニークなフレームワークを提供します。モンゴメリー地域のWIAトレーニングプログラムは、モンゴメリー地域のCareerLink事務所で提供されています。CareerLinkは、アラバマ州経済およびコミュニティ・アフェア省の一部門です。モンゴメリーCareerLinkオフィスは従業員に複数のリソースを提供しています。その中には現場教育(OJT)や現職労働者訓練プログラムがあり、ソフトスキル訓練、個別の面接室、などもあります。モンゴメリーCareerLink事務所が提供するサービスは、求職者にも雇用主にも無料で提供されます。